メニュー 閉じる

NVIDIA VSR(Video Super Resolution)をFirefoxで使う

1月24日にリリースされたGeForce 551.23 Driverで、NVIDIA VSRにHDR化のアップデートが来たことが話題です。
まぁ今回の記事はHDRは関係ないのですが…

VSRは、Chromium系(Edge、Chrome等)のブラウザで利用できますし、私がいつも紹介しているMPC-HCでも(MPC Video Rendererを導入すれば)利用できます。
実はFirefoxでも利用できることが分かりましたので利用方法を紹介します。

VSRが有効化されていることを確認

NVIDIAコントロールパネルを開いて、ビデオイメージ設定の調整から確認、有効化しましょう。

右下のRTXビデオ強調の「Super Resolution」にチェックが入っていることを確認してください。

知らなかったのですが、新しいドライバを導入するとVSRのステータスも確認できるようです。(以前はステータス表示がありませんでした)
この画面では「アクティブ」になっていますが、これはYouTubeをVSR有効な状態で再生している時にスクリーンショットを撮ったためです。
動画再生していないときは「非アクティブ」と表示されます。

FirefoxでVSRを有効にする

標準では無効となっているため、いつものabout:configで設定変更します。

gfx.webrender.super-resolution.nvidia = true

に設定してFirefoxを再起動すれば、VSRが有効になります。

VSRのステータスについて

VSRはビデオの解像度をアップスケーリングする際に有効になります。
つまり等倍表示や縮小表示している際は「アクティブ」にならないので注意してください。
ウィンドウのサイズを大きくしたり全画面表示するなどして、動画サイズを拡大する際に「アクティブ」になります。

Posted in Firefox

関連投稿

コメントを残す

Amazon プライム対象