• cygwinのログインシェルをbashにする

    cygwin上のzshのプロンプトがおかしいのでカスタマイズしてみるの続きです。

    せっかくzshを入れたのは良いものの、このままではbashが起動してからzshを毎回起動しなければなりません。
    大概こういうときは、chshコマンドを使うのですが、どうやらcygwinには含まれないようです。

    /etc/passwdがない…!

    では直接/etc/passwdファイルを弄ろうとなる訳ですが、実はこのファイルが存在しないわけです。
    コマンドのファイルもない…詰んだ状態ですが、無ければ作りましょう。

    
    $ man mkpasswd
    
    

    としてマニュアルを読んでみると、

    
    Don't use this command to generate a local /etc/passwd file, unless you
    really need one. See the Cygwin User's Guide for more information.
    
    

    と、このコマンドを使うなと書かれていますね。
    しかし、See the Cygwin User’s Guideってことで見てみましたが、他の方法が見当たらない。
    ググってみると以下のページがヒットしました。

    Set Default Shell in Cygwin – Stack Overflow

    /etc/nsswitch.confを編集するのが良さそうです。

    
    $ vim /etc/nsswitch.conf
    
    db_shell: /bin/zsh
    
    

    このような感じで設定すれば、無事ログインシェルが変わります。


  • cygwin上のzshのプロンプトがおかしいのでカスタマイズしてみる

    zshを入れてみた

    cygwinの標準シェルはbashですが、zshを使おうと思ってzshを入れたは良いものの、bashのプロンプトをそのまま流用されてしまって変なことに。

    見事にエスケープ文字がそのまま出力されています…
    せっかくなのでzshのプロンプトをカスタマイズすることにします。

    カスタマイズと言っても…

    細かい設定は一旦置いといて、テーマで設定することにしてみます。

    $ man zshall
    

    と入力してマニュアルを表示してみると、

           promptinit
                  a prompt theme system for changing prompts easily, see the section `Prompt Themes'
    

    どうやらpromptinitと言うものがあるらしい。
    see the section Prompt Themesということなので、下の方の「PROMPT THEMES」を見ます。

    PROMPT THEMES
       Installation
           You should make sure all the functions from the Functions/Prompts directory of the source distribution are available; they all begin with the  string  `prompt_'  except
           for  the special function`promptinit'.  You also need the `colors' function from Functions/Misc.  All of these functions may already have been installed on your system;
           if not, you will need to find them and copy them.  The directory should appear as one of the elements of the fpath array (this should already be the case if  they  were
           installed),  and  at  least  the function promptinit should be autoloaded; it will autoload the rest.  Finally, to initialize the use of the system you need to call the
           promptinit function.  The following code in your .zshrc will arrange for this; assume the functions are stored in the directory ~/myfns:
    
                  fpath=(~/myfns $fpath)
                  autoload -U promptinit
                  promptinit
    
       Theme Selection
           Use the prompt command to select your preferred theme.  This command may be added to your .zshrc following the call to promptinit in order to start  zsh  with  a  theme
           already selected.
    
           prompt [ -c | -l ]
           prompt [ -p | -h ] [ theme ... ]
           prompt [ -s ] theme [ arg ... ]
                  Set  or  examine the prompt theme.  With no options and a theme argument, the theme with that name is set as the current theme.  The available themes are deter‐
                  mined at run time; use the -l option to see a list.  The special theme `random' selects at random one of the available themes and sets your prompt to that.
    
                  In some cases the theme may be modified by one or more arguments, which should be given after the theme name.  See the help for each theme  for  descriptions  of
                  these arguments.
    
                  Options are:
    
                  -c     Show the currently selected theme and its parameters, if any.
                  -l     List all available prompt themes.
                  -p     Preview the theme named by theme, or all themes if no theme is given.
                  -h     Show help for the theme named by theme, or for the prompt function if no theme is given.
                  -s     Set theme as the current theme and save state.
    

    ふむふむ。

    まずインストールが必要なようなので、promptinitを読み込ませましょう。
    一応.zshrcにも追記しておきます。

    $ autoload -U promptinit
    $ promptinit
    

    その後は取りあえず、-p でプレビュー表示して -s で保存すれば使えそうですね。
    では早速プレビューを表示してみます。

    カラフルなテーマがたくさん出てきました。
    この中からよさげなものを選択してみることにします。

    $ prompt -s bigfade red white grey white
    Set and save not yet implemented.  Please ensure your ~/.zshrc
    contains something similar to the following:
    
      autoload -Uz promptinit
      promptinit
      prompt bigfade red white grey white
    

    これでプロンプトのデザインが変わりました!
    言われたとおり、.zshrcも編集しておきましょう。


  • Twit Side for WebExtensions 0.9.2.1リリース

    こんにちは。tukapiyoです。
    今回のリリースは、バージョン0.9.2のバグ修正1点です。

    Twit Side旧バージョンの利用ユーザの方へ

    • 0.8系以前バージョンを利用中の方は、インストール後Firefoxの再起動をしてください!
    • 旧バージョンの設定は引き継がれません。
    • WebExtensions版では、使用できなくなった機能があります。詳細は続きをご覧下さい。

    プライバシーについて(2013/4/3より変更)

    • ソフトウェアの仕様上(Firefoxアドオンの都合上でもありますが)、全ての通信はTwitterの認証コード生成のため、一旦、当サイト(さくらのVPS上)を経由(HTTPS利用)します。
    • その際、当サイト側ではツイート内容等の保有は一切行いませんが、それを信用できない方は使用をお控えください。

    告知

    続きを読む 投稿 ID 1511


  • Twit Side for WebExtensions 0.9.2リリース

    こんにちは。tukapiyoです。
    今回のリリースは、バグ修正と機能追加です。

    Twit Side旧バージョンの利用ユーザの方へ

    • 0.8系以前バージョンを利用中の方は、インストール後Firefoxの再起動をしてください!
    • 旧バージョンの設定は引き継がれません。
    • WebExtensions版では、使用できなくなった機能があります。詳細は続きをご覧下さい。

    プライバシーについて(2013/4/3より変更)

    • ソフトウェアの仕様上(Firefoxアドオンの都合上でもありますが)、全ての通信はTwitterの認証コード生成のため、一旦、当サイト(さくらのVPS上)を経由(HTTPS利用)します。
    • その際、当サイト側ではツイート内容等の保有は一切行いませんが、それを信用できない方は使用をお控えください。

    告知

    続きを読む 投稿 ID 1511


  • Firefoxでe10s(マルチプロセス)を有効にする方法

    はじめに

    Twit SideはWebExtensionsに対応しました。
    しかし、Firefoxのe10s(マルチプロセス)が無効になっていると、一部の機能が正常に動作しないため、強制的に有効にする方法を以下に掲載します。

    手順

    続きを読む 投稿 ID 1511


  • Twit Side 0.9.1リリース(WebExtensions対応しました)

    お久しぶりです。tukapiyoです。
    今回のリリースは、皆様お待ちかねの、WebExtensions対応版0.9.1のリリースです。

    Twit Side旧バージョンの利用ユーザの方へ

    • 0.8系以前バージョンを利用中の方は、インストール後Firefoxの再起動をしてください!
    • 旧バージョンの設定は引き継がれません。
    • WebExtensions版では、使用できなくなった機能があります。詳細は続きをご覧下さい。

    プライバシーについて(2013/4/3より変更)

    • ソフトウェアの仕様上(Firefoxアドオンの都合上でもありますが)、全ての通信はTwitterの認証コード生成のため、一旦、当サイト(さくらのVPS上)を経由(HTTPS利用)します。
    • その際、当サイト側ではツイート内容等の保有は一切行いませんが、それを信用できない方は使用をお控えください。

    告知

    続きを読む 投稿 ID 1511


  • Twit SideのWebExtension対応について(WebExtension対応します!)

    こんにちは。tukapiyoです。
    Twit Sideの今後についてお知らせします。

    Twit SideはWebExtensionへの移行を進めております。
    色々試行錯誤しつつ、大方移行できるであろうという結論に達しました。
    しかしながら、鋭意移行作業を進めておりますが、コードの書き換え量が多く時間が取られている状況で、いつ完了できるか未定となります。
    リミットのFirefox 57までには…と思いますが、できることやら。

    なお、WebExtensionは、Google ChromeやOpera、Edgeなどでも互換性があるアドオン形式ですが、Twit SideはFirefoxのみの対応となります。
    これは、sidebar APIを利用していること(FirefoxとOpera以外には存在しない)、CSS等で実験的なコードを利用しており他のブラウザでは挙動が読めないこと、が原因です。

    上述のsidebar APIを利用することに起因し、残念ながらレイアウトはブックマークサイドバーなどと同じ枠に収まることになります(昔のTwit Sideを思い出しますね…)。
    これにより、画面下部のレイアウトは非対応となり、左側または右側のレイアウトのみ利用可能となる予定です。
    ブックマークサイドバーなどと並べて表示することも不可能です。

    以上、今後の対応についてご報告でした。
    今後ともよろしくお願いいたします。


  • Twit Side 0.8.0リリース

    お久しぶりです。tukapiyoです。
    今回のリリースは、0.7.9からのコード一新に加えて、機能追加とバグ修正のアップデートとなります。

    Mozilla公式外のアドオンインストールについて

    • Firefox開発元のMozillaの方針により、当ブログ等を含めたMozilla公式ページ以外からダウンロードしたアドオンは、インストール出来なくなりました。
    • Twit SideのインストールはMozilla公式ページよりお願いいたします。(最新バージョンの公開がブログよりも遅くなることがあります。御了承ください。)
    • なお、Firefox Developer Editionをご使用中の玄人の方々に於かれましては、設定変更により当ブログで公開のアドオンもご利用いただけます。

    Firefox 57以降のTwit Sideについて

    • Firefox開発元のMozillaの方針により、Firefox 57以降レガシーなアドオン(Twit Sideが該当)は利用できなくなります。
    • WebExtensionsという、Google ChromeやOpera、Edgeに採用される共通形式のアドオンに移行しなければ、他のアドオンも含めて命が絶たれることとなります。
    • WebExtensionsは制約が多く、Twit Sideの移植は不可能と判断していますが、今後のMozilla独自拡張の充実により、一部の機能が失われたとしても移植できないか検討は行っております。

    告知

    続きを読む 投稿 ID 1511


  • VMwareゲスト上のWindow10をアップグレードするとhgfsが使えなくなる

    Windows 10をご利用中のみなさま。
    最近でた、Windows 10 1607へのAnniversary Updateは適用されましたか?
    私は使用中の3つのWindows 10をすべて更新済みです。

    ところがそのうち1つ、VMware上で動かしているWindows 10ですが、hgfs(VMwareホストのフォルダを共有フォルダにして、VMwareゲストOSから参照できる機能)が使えなくなってしまいました。
    ネットワーク共有としてWindowsから見えるのですが、そこが切断された状態。

    以下の手順で復活しました。

    1. vmware toolsをアンインストール
    2. Windows再起動
    3. vmware toolsをインストール
    4. Windows再起動

    VMware側の設定で共有フォルダを無効/有効切り替えたり、vmware toolsの修復をしただけでは復旧しませんでした…


  • opensuse leap 42.1でVMware Playerの3Dアクセラレーションが有効にならない

    nvidia-gfxG04.conf更新後に、ldconfigを実行する手順を追加しました。(2016/9/23)

    
    

    今、opensuse linux(leap 42.1)を常用OSとして利用しているのですが、その上でVMware Workstation 12 Playerを使って、Windowsも動かしています。
    しかし起動当初から、「No 3D support is available from the host.」と表示され、どうも3Dアクセラレーションが効いていないようでした。
    たしかに動作がカクつく…とは思っていました。

    ちょっと時間も出来たので、重い腰を上げ、いっちょ解決してみようと思い試行錯誤した記録です。

    続きを読む 投稿 ID 1511