メニュー 閉じる

Wi-Fi 6E/PoE++対応の無線APを導入しました

こんにちは、tukapiyoです。
とうとう6GHzの電波が届きました(ただし扱える端末は持っていません)。

うちでは無線LAN ルータではなく無線LAN APを導入しており、さらにPoEを使ってAC/DC電源の供給が不要なものを採用しています。
その理由としては、

  • UPSに接続したPoE対応スイッチから無停電で電源供給ができる
  • 接続するケーブルがLANケーブル1本だけですむ
  • 必然的に法人向けAPになるので高性能

という感じです。

6GHz帯に対応したAPの導入を検討していたものの、PoEに対応した6GHz帯対応APが中々出てこず待ちわびていた状況で、スイッチを先行してPoE++対応の2.5G対応に置き換えるなど準備を進めていました。
ちなみにPoE++/2.5G対応のスイッチはこちらを導入しています。

そんな中、やっと!
まともなネットワーク機器メーカーであるNETGEARから、Wi-Fi 6E/PoE++対応のAPが2023年6月に発売されました!
※Wi-Fi 7という話が既に出始めているところではありますが、現状Wi-Fi 6Eは6GHz帯に初めて対応した最新の無線LAN規格です。

それがこれです。

ネットギア NETGEAR WiFi6E 無線lan 法人向け トライバンド メッシュwifi アクセスポイント PoE++受電 11ax (2402 + 4804 + 574Mbps) Insight アプリ&クラウド WAX630E

早速導入して使ってみたので、簡単に一言レビューしておきます。
ちなみにInsightが1年分付いてきますが、無効にしてローカル管理にしています。

一言レビュー

いいところ

  • PoE++対応スイッチに接続すればすぐ使え、初期設定画面にすぐ到達できる
  • ダッシュボードがきれいで見やすい
  • 管理系の機能が充実している(Syslog、SNMP、LLDP、LAG、802.1Q、RADIUS、STP…)
  • UIのレスポンスはそれなりに速い

いまいちなところ

  • 筐体が大きい(以前使っていたWLX202の倍ぐらい大きさがある)
  • 初期ファームウェアでは日本での6GHz帯が未解放のため、初期設定前にまずファームウェアのアップデートを推奨
  • 日本語化されていない
  • 起動・再起動がかなり遅い
  • 無線機能の設定反映に時間が掛かる
  • 他の項目についても、設定反映のレスポンスはよくない
  • 設定画面で同じページ内でも、項目単位で設定を保存する場所があって、設定適用を繰り返す必要がある

スクショ

 

Posted in 日記

コメントを残す

Amazon プライム対象