メニュー 閉じる

twitsideの開発進捗

こんばんは!
tukapiyoです。

Twit Side 0.4.2 を公開します。

今回は、バグ修正、機能の微修正、追加を行いました。

出来ないこと

  • API制限はまだ見られません。
  • エラー表示が適当です。
  • 日付は絶対表示のみです。
  • 投稿ソースの表示が出来ません。

修正したバグ

  • リツイートされたツイートで、時刻が最初のツイート時刻では無くリツイートされた時刻が表示される。
  • リツイートされたツイートについて、引用してRTが使用できない。
  • バージョン情報が更新されていませんでした。(バージョン0.4.1)

未修正のバグ

  • タイムラインに含まれないツイートを引用してRT出来ない。
    • 例えば、他の人のプロフィールから引用してRT使用とした場合など。
  • プロフィール画面で横がはみ出る。
    • 直ってませんでした。
    • ただし、原因は把握しました。

追加機能・調整

  • 会話を表示する機能を実装。
  • テーマ「classic_black」を修正。
  • アドオン起動時、「Tweet」ボタンが無効になるように修正。

プライバシーについて

ソフトウェアの仕様上(Firefoxアドオンの都合上でもありますが)、全ての通信はTwitterの認証コード生成のため、一旦、当サイトを経由します。
その際、当サイト側ではツイート内容等の保有は一切行いませんが、それを信用できない方は使用をお控えください。
なお、通信は暗号化されません(今後暗号化予定?)。
今後、当サイトでは無く外部ホスティングを利用することも考えています(当分その予定はありませんが)。

ダウンロード

Twit Side 0.4.2

1 Comment

  1. tukapiyo

    リツイートされたツイートに関して、メディアのURLが反映されないバグがあるようです。
    次回以降で更新します。

コメントを残す