メニュー 閉じる

MPC-HCでYouTubeの視聴とダウンロードをしよう

こんばんは、tukapiyoです。

最近知ったのですが、MPC-HCではYouTubeの視聴ができるのです!
YouTubeをMPC-HCで?そんなことする意味ある?あるんです!

MPC-HCでYouTubeを視聴するメリット

  • YouTubeプレミアムに加入していなくても広告が表示されない
  • ブラウザで見るより低負荷の場合がある
  • レンダラーやシェーダの設定によって高画質に再生できる
  • 動画のダウンロードができる

まぁどれも、裏で動かしているyt-dlpというツールの功績ではあるんですけどね…

この記事では、MPC-HCでYouTubeを再生できるようにするまでの流れを紹介します。

導入するもの

  • MPC-HC
    • 当然ですがプレーヤーとして必要です。
    • ページ右側のReleaseから最新(Latest)のインストーラが必要です。
      2023/12/20時点ではMPC-HC.2.1.3.x64.exeが最新です。
  • yt-dlp
    • YouTubeの動画ダウンローダーです。
    • ページ右側のReleaseから最新(Latest)の実行ファイルyt-dlp.exeが必要です。
      2023/12/20時点では yt-dlp 2023.11.16 が最新です。
  • ffmpeg
    • 動画や音声の結合に利用する動画変換ツールです。
    • release build の latest release の圧縮ファイルffmpeg-release-essentials.zipが必要です。
    • 2023/12/20時点では version 6.1 が最新です。

導入手順

  1. MPC-HCのインストーラーを実行してインストールします。具体的な手順は省略します。
  2. MPC-HCのインストールフォルダを開きます。
    通常であれば、C:\Program Files\MPC-HCとなります。
  3. yt-dlp.exeをダウンロードします。
  4. ffmpeg-release-essentials.zipをダウンロードして、圧縮ファイルの中のbinフォルダ内にあるffmpeg.exeを取り出します。
  5. yt-dlp.exeffmpeg.exeの2つのファイルをMPC-HCのインストールフォルダにコピーします。
    管理者権限が必要なので、メッセージが表示された場合は続行して下さい。
  6. 以下のようにファイルが置かれていれば正しいです。

YouTube動画の再生方法

  1. MPC-HCを起動します。
  2. ファイルメニューから「ファイル/URLを開く」を選択します。
  3. 「開く:」に再生したいYouTube動画のURLを貼り付けて「OK」を選択します。
  4. YouTube動画が再生されます。

YouTube動画のダウンロード方法

  1. 動画を開いた状態で、ファイルメニューから「コピーを保存」を選択します。
  2. 名前を付けて保存ダイアログが表示されるので「保存」します。
    初期状態でファイル名に「%(title)s.%(ext)s」と入力されていますが、このままで動画タイトルと拡張子を自動で設定してくれます。
    自分でファイル名を指定することも可能です。
  3. yt-dlpの動作画面が表示され、ダウンロードが始まります。
    ダウンロードを途中で中断したければ、Ctrl+Cを押下することで終了できます。

視聴/ダウンロード解像度のリミッター解除

MPC-HCの初期状態では、動画の最大縦解像度が1440pxに設定されています。
8K動画などを最高画質で視聴/ダウンロードしたい場合は、MPC-HCの設定を変更する必要があります。

  1. MPC-HCの表示メニューから「オプション」を開きます。
  2. 「高度な設定」を開き、「YDLMaxHeight」の項目を探します。
  3. 初期状態で1440が設定されているので、0に変更します。
    4K解像度で十分であれば、2160に設定するのも良いでしょう。
  4. 「OK」をクリックします。

まとめ

MPC-HCで快適な動画ライフを送りましょう!

Posted in Windows

関連投稿

コメントを残す

Amazon プライム対象