メニュー 閉じる

VMware Workstation16.2以降で3Dアクセラレーションを有効にすると仮想マシンがクラッシュする

発生事象

起動してしばらくは正常に動作しますが、暫く(数時間~数日)すると仮想マシンがクラッシュします。

GUIでは「ISBRendererComm: Lost connection to mksSandbox」と表示され、仮想マシンが停止してしまいます。
vmware.logでは以下の様なメッセージが記録されています。

2022-07-30T04:51:02.405Z Wa(03) svga The vmx lost its connection to the mksSandbox.
2022-07-30T04:51:02.405Z Wa(03) svga The mksSandbox process may have crashed or hung.
2022-07-30T04:51:02.405Z Wa(03) svga Check the mksSandbox.log and vmware.log for more details.

環境

  • ホスト
    • opensuse leap 15.4
  • ゲスト
    • Windows 10 Professional (x64)
    • 3Dアクセラレーション有効

解決策

VMware Workstation 16.2以降では、レンダラーがOpenGLからVulkanに変更になったことに起因する様です。
3Dアクセラレーション無効にすれば解消しますが、それでは求めているパフォーマンスが出せませんので、レンダラーをOpenGLに戻すことで対応します。

以下はVMwareの設定ファイル~/.vmware/preferencesに投入していますが、仮想マシンごとにvmxファイルに記入しても動作するようです。

mks.enableX11Presentation = "TRUE"
mks.enableVulkanPresentation = "FALSE"
mks.enableVulkanRenderer = "FALSE"
mks.enableGLRenderer = "TRUE"

 

関連投稿

コメントを残す