WebベースのFTP/SFTP/SCPクライアント Monsta FTP を使ってみる

Monsta FTPというWebベースで利用できるFTPクライアントを、導入・検証してみます。

検証は手元のDocker(Fedora 28)で行いますが、PHPが動作するWebサーバなら何でもよいようです。

前提

Dockerでコンテナを作成する際に、以下のオプションを付与しています。

  • --privileged
  • -p 8080:80
    • Dockerホストの8080ポートへアクセスすると、コンテナの80ポートへ転送します
  • -p 8443:443
    • 同上

導入

まずは、Monsta FTPを設置するためのWebサーバ環境を整えます。
ホスティング環境の方は、すっとばしてください。

必要なパッケージをインストールします。
ついでに動作に必要なphpモジュールもインストールします。

dnf install httpd php
dnf install php-json

Monsta FTPのLite Editionを、以下のページからダウンロードします。

Host Editionの体験が不要の方は、「Add FREE 10-day Host Edition trial」のチェックを外して、「DOWNLOAD」をクリックします。

ダウンロードしたファイルを、サーバの適当なフォルダに配置します。
今回は、Docker上なのもあるので/root/直下に配置しました。
このファイルを展開するとmftpディレクトリが出来るので、それをApacheのドキュメントルートに配置します。

unzip monsta_ftp_2.7_install.zip
mv mftp /var/www/html/

Apacheのモジュール設定を一部変更します。
/etc/httpd/conf.module.d/00-mpm.conf

LoadModule mpm_prefork_module modules/mod_mpm_prefork.so
#LoadModule mpm_event_module modules/mod_mpm_event.so

mpm_eventをコメントアウトして、mpm_preforkのコメントアウトを外します。

その後、Apacheを起動します。

systemctl start httpd

接続テスト

ブラウザでDockerホストの8080ポートのmftpディレクトリへアクセスすると、以下のようにインターフェースが表示されます。
例)http://yourhostname:8080/mftp/

FTPサーバを準備するのは面倒なので、一旦SCPで接続を試してみましょう。
※事前にsshdの導入・起動と、user1ユーザの作成・パスワード設定を行っています。

ログイン情報を設定してConnectをクリックすると、以下のようにファイル一覧が表示されます。

今日はここまで。
導入編でした。

コメントを残す

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る