メニュー 閉じる

GTX1080 SLIとRTX2080Tiのベンチ比較

GeForce GTX10802枚でSLIを組んでいたのですが、コレが三重苦でして。

  • クソ熱い
  • クソ電気を食う
  • SLI対応してないゲームだと意味が無い
    • 特にUbisoftな!
    • さりげなくNieR:Automataは対応してるんですよ

ということもあり、やはりSLIは辞めようと。
ただ、4k 60Hzでゲームをやっている身としては、GPU性能は落したくない。
じゃあRTX2080Tiしか選択肢は無いでしょう。
ということで、色々安く買えるタイミングだったのもあり、勢いでポチってしまいました(後悔はしていない

MSI GeForce RTX 2080 Ti GAMING X TRIO グラフィックスカード [日本国内正規品]

このMSI GeForce RTX 2080 Ti GAMING X TRIOですが、以下の様な特徴があります。

  • ブーストクロックが1,755MHzと最強クラス
  • 3連ファンで冷却効率も高い
  • MSIならではのZERO FROZRでアイドル時は無音

私個人の趣向としては、GPUはMSI、マザボはASRock、みたいなのがありまして。
GTX1080のときも、MSI GeForce GTX 1080 GAMING X 8Gを2枚差しでした。

MSI GeForce GTX 1080 GAMING X 8G 『Twin Frozr VI/OCモデル』 グラフィックスボード VD6060

閑話休題。
早速GTX1080を取り外して…の前に、3DMarkのTime Spyでベンチマークをとっておきましょう。

GTX1080 SLI

一応ベンチマーク機のスペックを載せておきます。

CPU Intel Core i7-8700K @3.70GHz Amazon
RAM Corsair CMU32GX4M4C3200C16
DDR4-3200 8GB * 4
Amazon
M/B ASRock Z370 Gaming K6 Amazon
PSU SilverStone SST-ST75F-P Amazon
SSD ADATA SX900  
HDD WesternDigital WD10EFRX Amazon
HDD WesternDigital WD4002FYYZ Amazon
OS Windows 10 (1809) Pro x64 build 17763.292 Amazon

バッチリベンチマークをとったので、GTX1080を2枚取り外して、RTX2080Tiを差していきます…ってこのGPU、補助電源が8ピン×2+6ピンなんですね。
Founder Editionが8ピン×2だったので、てっきりそうかと思ってました。

さて、そんなこんなでRTX2080Tiも装着完了です。
早速ベンチマークをとっていきましょう

RTX2080Ti

はい、ほぼ同じくらいのスコアを出していますね!
若干GTX1080 SLIの方が速いみたいですが、この誤差ならシングルGPUのメリットの方が圧倒的に上ですね。

ちなみに、うちのPCはUPS(APC Smart-UPS 750 SMT750J)から電源供給をしているのですが、UPSで消費電力も計測できるので、ついでにベンチマーク実施中に見てみました。
その結果も載せておきます。

GTX1080 SLI 600W~650W
ちなみに600Wを超えてくるとUPSの許容電力を超えるので警報音が鳴ります…
RTX2080 450W前後

これを見ても、同じくらいの性能をこの電力差で実現しているのは、非常に優秀だなと思います。
ただ、GTX1080の定格消費電力が180Wで、RTX2080Tiの定格消費電力が300Wなので、ここまで差が出てくる理由は???といったところですね…

コメントを残す