メニュー 閉じる

Twit Side 0.5.5リリース

こんばんは!
tukapiyoです。

今回のリリースでは、バグ修正、機能の修正、追加を行いました。

出来ないこと

  • エラー表示が適当です。
  • 日付は絶対表示のみです。
  • 画像を含む投稿は出来ません。
  • アドオン自動更新が出来ません。

修正したバグ

  • t.coの仕様変更により、URLを含むツイートの残り文字カウントがずれる。
    • https://から始まるURLの場合は、1文字カウントがずれるのも修正。
  • Firefox19でとある操作をした際に、タイムラインの表示が崩れるなどの不具合が発生する。
  • 通知設定で、通知できない項目が通知対象となっている。
  • 設定画面の日本語がおかしい。
  • 設定画面の右クリックタブ、URLメニューを表示する、が利用できない。

未修正のバグ

  • バグでは無いですが、LinuxでClassic_Blackテーマを使用すると、一部見づらい部分がある(Defaultテーマをご利用ください)。

要望のあった機能

  • パネル表示・ウィンドウ表示など(nblwさん)
    • 実装するにしても時間がかかりそうです。またクライアントとしての機能がまだ不十分だと思いますので、こちらも期待せずお待ち下さい。
  • キーワード検索を自動更新(ypsilonscallさん)
  • 全体的にpaddingを入れる(ぽちさん)
    • 一度に多くの情報を見られるよう調整したため、多少詰まっています。
    • 今後、上記とは別にpaddingを広げただけのテーマなども用意していきます。

追加機能・調整

  • Twitter認証コード生成を、自宅サーバ非暗号化→Amazon EC2 SSL暗号化経由に変更。
    • これにより安全な通信が可能となりました。
  • ツイートのURLが含まれる場合、マウスオーバーでツイートの詳細を取得しポップアップする機能を実装。
  • ユーザーストリームの手動切断機能を追加。
  • ユーザーストリーム使用時の通知機能で、リツイートされたツイートを、あなた宛のツイートとして通知していたのを修正。
  • プロフィール画面にもサジェスト機能を実装。
  • サジェスト機能を、TabとShift+Tabでも操作出来るように修正。
  • 長時間経過後の更新で、一度に取得できなかったツイートを取得する機能を追加。
  • yfrogの画像サムネイルで、twitter.yfrog.comから始まるURLにも対応。
  • ユーザーストリーム未使用時の自動更新間隔のデフォルト値を5分(300000ミリ秒)に調整。
    • デフォルトだと、1度でもツイートすると、15回/15分のAPI制限に確実にひっかかるため修正しました。
  • 社畜テーマを追加。
  • 検索でAPI1.1を使用する方式に変更。
  • 検索で最近・人気・混合のジャンルを選択できるように実装。

ユーザーストリーム使用時の注意

  • ユーザーストリーム使用中はタイムラインの更新ボタンは無効となります。
  • 通信が不安定な場合、ユーザーストリームが使用できなくなることがあります。
    その場合は、設定画面よりユーザーストリームを無効にして下さい。
  • ユーザーストリーム有効時に、タイムラインの更新ボタンが有効となっている場合は、ストリームが切断されている状態です。
    通常、自動的に再接続を行いますので、数十秒から数分お待ち下さい。
    待ちきれない場合、タイムラインの更新ボタンをクリックすると、再度ストリームに接続しにいきます。
    頻繁に再接続を繰り返すと、ユーザーストリームが使用できなくなることがあります。
  • ユーザーストリームが全く使用できなくなってしまった場合は、認証をやり直すことで解決することがあります。
    右上のプロフィール画像をクリックして、ログアウトしてから再度認証を行って下さい。

プライバシーについて(2013/4/3より変更)

ソフトウェアの仕様上(Firefoxアドオンの都合上でもありますが)、全ての通信はTwitterの認証コード生成のため、一旦、当サイト(Amazon EC2上)を経由(HTTPS利用)します。
その際、当サイト側ではツイート内容等の保有は一切行いませんが、それを信用できない方は使用をお控えください。

ダウンロード

Twit Side 0.5.5(注意:自動更新URLを設定していないため、手動の更新のみとなっています。)

コメントを残す