メニュー 閉じる

CDexでBDドライブが認識できない

みんな大好き、音楽CDリッピングソフトの代名詞「CDex」。
昔からリッピングといえばこれ、という方も多いと思います。
かくいう私も、CDexの操作性、多機能さから、長年愛用してきたソフトウェアです。

※ちなみに私が利用しているバージョンは、CDex 1.70 beta3です。
微妙にbeta4でfreedb周りでバグっていたりするので、以下のサイトで配布されている修正版を利用しています。

最近、デスクトップPCのDVDドライブ4台を、すべてBDドライブに置き換えました。
ちなみに機種はこれ。

なんでBDドライブ4台なんだっていうツッコミは無しです。

記事を書くに至った物語

さてBDドライブに置き換えたあと、久々にCDリッピングしようと思い、おもむろにCDexを起動。

「……」

うん、BDドライブが見えない。Daemon Toolsの仮想ドライブしか見えない。
Windowsから認識していないのかなと思い、エクスプローラを開いてみるもちゃんと認識しています。
なんかOS上でドライブにロック掛かったかなぁと思い、Windowsの再起動。そして再度CDexを起動したものの変わらず。

「……」

困った。

かるくググって見るも解決策が見つかりません。
というかそもそも、同事象になっている人がほぼ皆無なのですが、こんなことってあまり起きないのでしょうか。

CDexもだいぶ古いソフトウェアですし、他のソフトウェアに移ってみましょうか。
といえども他に良いソフトウェアを知らないですし、とりあえず探してみます。

「EAC(Exact Audio Copy)か…。そういえばこのソフトウェアもよく聞く有名なやつだな。」

とか言いつつ、私と同じ事象に陥った人の2chのレスを見てると、EACでも「だめぽ」とのこと。
まぁ…こっちも同じ事象になるか分からないし、とりあえず入れてみましょう。

インストール、日本語化してさぁ起動。

「……」

はい、諦めましょう。
かといって、他に良いソフトウェアが見つかりません。
CDexの高機能さは、他のソフトウェアでは中々実現されていないようで、1つのソフトウェアですべてをまかなうためにはやはりCDexを使いたいわけです。

CDexの現状

cdex01

  • MNMLOFC O923K5YBW1
  • MNMLOFC O923K5YBW1 [1]
  • DTSOFT BDROM

というのが見えますが、これはすべてDaemon Toolsの仮想ドライブです。
完全にBDドライブが見えなくなっています。
ちなみに、デバイスマネージャでは正常に認識をしている模様。

cdex02

  • HL-DT-ST BD-RE  BH14NS48 SCSI CdRom Device
  • HL-DT-ST BD-RE  BH14NS48 SCSI CdRom Device
  • HL-DT-ST BD-RE  BH14NS48 SCSI CdRom Device
  • PIONEER BD-RW   BDR-207D SCSI CdRom Device

というのが接続されているBDドライブ。
さてこれを認識させる必要があります。

CDexの設定を変えてみる

何はともあれ、まずはCDexの設定を見てみます。
CDexの設定画面を開き、「リッピング – CD-ROMドライブ」の項目を見ます。

cdex03

すると、「NT用のSCSIライブラリを使用する」という項目が見つかります。
何ともこれっぽい項目ですね。
チェックを入れて設定を保存してみます。

cdex04

「おぉ!……あれ。1つだけ……?」

残念なことに、BDドライブの内Pioneerのドライブは認識しましたが、LGのドライブを認識していません。
(これだからLGは…!(違)
残念ですがこれでは不十分です。

他に手は無いものか。
色々調べていくと、所々に、ASPIドライバ云々というものが見えます。
CDexのとあるバージョンからは内蔵されたため不要になったが、それまではダウンロードしてフォルダに入れていたとか。

とうとう解決へ

ASPIというキーワードを元にさらに調査を進めていくと、どうも新しい?別のASPIドライバを入れれば何とかなりそう。
とりあえず、neroのFTPサーバから拾ってみましょう。
※neroはCD/DVDライティングソフトで有名なメーカです。

FTPサーバへ行くと、「wnaspi32.dll」というファイルが置かれています。
このファイルをダウンロードし、CDexのフォルダへ突っ込みます。
※事前に元のwnaspi32.dllはリネームしておきます。

cdex05

※なお、上記で「NT用のSCSIライブラリを使用する」にチェックを入れた人は外しておきましょう!

さて、おもむろにCDexを起動します。

cdex06

「Σ おぉ!」

はい、無事完了です。
リッピングも正常に行えました。

まとめ

CDexでドライブを認識しない人は、neroのASPIドライバ(wnaspi32.dll)をダウンロードして入れましょう。

コメントを残す