メニュー 閉じる

Twit Side 0.6.2リリース

こんばんは!
tukapiyoです。

今回のリリースでは、バグ修正、デザイン修正・追加、機能追加を行いました。

告知

Twit Side 0.5.5以前をご利用の方は、最新のバージョンにアップデートしてください。
※Twit Side 0.5系以前は自動更新に対応していません。
旧バージョンでは通信経由先が異なり、当該経由先は今後廃止されるため使用できなくなります。

出来ないこと

  • エラー表示が適当です。
  • 日付は絶対表示のみです。
  • 画像を含む投稿は出来ません。

修正したバグ

  • 細かな挙動修正。
  • プロフィールウィンドウから他のユーザのプロフィールを開けない。
  • 検索ウィンドウから他のユーザのプロフィールを開けない。
  • その他、他のウィンドウが適切に開けない。

未修正のバグ

  • 途中のツイートを読み込むボタンが表示されないことがある。
    • 途中のツイートを読み込む機能は一旦無効としています。

要望のあった機能

  • パネル表示・ウィンドウ表示など(nblwさん)
    • 実装するにしても時間がかかりそうです。またクライアントとしての機能がまだ不十分だと思いますので、こちらも期待せずお待ち下さい。
  • キーワード検索を自動更新(ypsilonscallさん)
    • 対応しました!
    • 0.6.0から、カラム(タイムライン・つながり・リツイートといった部分)に常時表示できるようになりました!
  • 全体的にpaddingを入れる(ぽちさん)
    • 一度に多くの情報を見られるよう調整したため、多少詰まっています。
    • 対応しました![loose] テーマをご利用ください。
  • 通知をツールバー上のボタンの色変更でも実施。(nblwさん)
  • 特定ユーザーのミュート機能。(nblwさん)
    • 対応しました!

追加機能・調整

  • geoタグの取得に対応。
    • ツイートに地図情報が埋め込まれている場合は、住所の表示とマップの表示に対応しました。
  • 既存テーマの微修正。
  • 新規テーマを2種類追加。
  • テーマの適用ロジックを修正(内部的な話)。
  • ツイートの表示周りのロジックを修正(内部的な話)。

ユーザーストリーム使用時の注意

  • ユーザーストリーム使用中はタイムラインの更新ボタンは無効となります。
  • 通信が不安定な場合、ユーザーストリームが使用できなくなることがあります。
    その場合は、設定画面よりユーザーストリームを無効にして下さい。
  • ユーザーストリーム有効時に、タイムラインの更新ボタンが有効となっている場合は、ストリームが切断されている状態です。
    通常、自動的に再接続を行いますので、数十秒から数分お待ち下さい。
    待ちきれない場合、タイムラインの更新ボタンをクリックすると、再度ストリームに接続しにいきます。
    頻繁に再接続を繰り返すと、ユーザーストリームが使用できなくなることがあります。

プライバシーについて(2013/4/3より変更)

ソフトウェアの仕様上(Firefoxアドオンの都合上でもありますが)、全ての通信はTwitterの認証コード生成のため、一旦、当サイト(Amazon EC2上)を経由(HTTPS利用)します。
その際、当サイト側ではツイート内容等の保有は一切行いませんが、それを信用できない方は使用をお控えください。

ダウンロード

Twit Side 0.6.2

4 Comments

  1. nblw

    こんにちは。
    いつもご苦労さまです。
    更新にて不具合が在るようです。
    0.6.1まではインストール後にFirefoxをそのまま立ち上げるだけで使えたのですが、0.6.2では認証を問われPINコードを入力して認証をしてもアプリの画面に変更されませんでした。
    今は0.6.1を使うことにしました。

    • tukapiyo

      nblwさん、ご利用ありがとうございます。

      さて、アップデート後、認証が進まないとのことですが、こちらの環境では再現が出来ずすぐには調査が出来ません。
      お手数ですが、以下の手順でお試しいただけますでしょうか。

      1. MENUの「全てログアウト」を実行
      2. 認証を実行
      3. Twit Side 0.6.2へアップデート
      4. Firefoxを再起動
      もし、上記手順でも改善しない場合は、2.の手順を最後に(アップデート後に認証)して再度お試し下さい。

      その後も認証が通らない場合は、再度ご連絡をいただけますと助かります。

      よろしくお願いします。

  2. nblw

    こんにちは。

    上記の方法で行った場合、やはり認証はされたとメッセージが出るもののTwit Sideが起動しませんでした。

    そして、2番の手順を先に持っていく方法で試した所、起動するもののタイムラインを読み込ませんでした。

    FireFoxを何度か立ち上げ直すと認証設定の画面に戻り、やはりコードを打ち込んでも起動しませんでした。

    私の個人環境からそうなるのかもしれませんので、他の人の事例が上がるまで当方は0.6.1にて使用することとします。

  3. ypsilonscall

    今日、自動読み込みがされなくなったため、何らかのアナウンスがあるかと思いこちらに来ました。
    すると0.6.2が公開されていましたので、改善するかもとダウンロードしました。
    結果は、nblwさんと全く同じです。
    書かれていた対処法を試した結果も同じでした。

コメントを残す