メニュー 閉じる

Twit Side 0.6.1リリース

こんばんは!
tukapiyoです。

前回のリリースからだいぶ時間が経ってしまいましたorz

今回のリリースでは、バグ修正、機能の追加を行いました。

告知

Twit Side 0.5.5以前をご利用の方は、最新のバージョンにアップデートしてください。
※Twit Side 0.5系以前は自動更新に対応していません。
旧バージョンでは通信経由先が異なり、当該経由先は今後廃止されるため使用できなくなります。

出来ないこと

  • エラー表示が適当です。
  • 日付は絶対表示のみです。
  • 画像を含む投稿は出来ません。

修正したバグ

  • サジェスト機能で下の項目が一覧に表示できないことがある。
  • 認証から先へ進めないことがある。
  • リツイートしたユーザを取得できないことがある。
  • ダイレクトメッセージを受信したら、それ以降タイムラインが更新されなくなる。

未修正のバグ

  • バグでは無いですが、LinuxでClassic_Blackテーマを使用すると、一部見づらい部分がある(Defaultテーマをご利用ください)。
  • 途中のツイートを読み込むボタンが表示されないことがある。
    • 途中のツイートを読み込む機能は一旦無効としています。

要望のあった機能

  • パネル表示・ウィンドウ表示など(nblwさん)
    • 実装するにしても時間がかかりそうです。またクライアントとしての機能がまだ不十分だと思いますので、こちらも期待せずお待ち下さい。
  • キーワード検索を自動更新(ypsilonscallさん)
    • 対応しました!
    • 0.6.0から、カラム(タイムライン・つながり・リツイートといった部分)に常時表示できるようになりました!
  • 全体的にpaddingを入れる(ぽちさん)
    • 一度に多くの情報を見られるよう調整したため、多少詰まっています。
    • 対応しました![loose] テーマをご利用ください。
  • 通知をツールバー上のボタンの色変更でも実施。(nblwさん)
  • 特定ユーザーのミュート機能。(nblwさん)
    • 対応しました!

追加機能・調整

  • ダイレクトメッセージ送受信機能実装。
    • 自分のプロフィールからダイレクトメッセージを閲覧できます。
    • 他のユーザプロフィールからそのユーザへメッセージを送信できます。
    • カラムにダイレクトメッセージを追加できます。
      • カラムには直接ダイレクトメッセージを送信できるボタンが用意されています。
      • 頻繁にダイレクトメッセージを送信する人は、カラムを作成することをお勧めします。
    • ダイレクトメッセージの通知機能にも対応しました。
  • ミュート機能実装。
    • ミュートしたいユーザのツイートの右クリックメニューからミュートできます。
    • ミュートする時間は、10分、30分、1時間、3時間、1日、永遠に、を選択できます。
    • ミュートしているユーザの一覧は、メインメニューから確認できます。
    • ミュートしているユーザの一覧から、ミュートを解除することができます。
  • API制限ダイアログで表示される日付を、設定されたフォーマットで表示する様に修正。
  • ツイートの表示周りのロジックを修正。

ユーザーストリーム使用時の注意

  • ユーザーストリーム使用中はタイムラインの更新ボタンは無効となります。
  • 通信が不安定な場合、ユーザーストリームが使用できなくなることがあります。
    その場合は、設定画面よりユーザーストリームを無効にして下さい。
  • ユーザーストリーム有効時に、タイムラインの更新ボタンが有効となっている場合は、ストリームが切断されている状態です。
    通常、自動的に再接続を行いますので、数十秒から数分お待ち下さい。
    待ちきれない場合、タイムラインの更新ボタンをクリックすると、再度ストリームに接続しにいきます。
    頻繁に再接続を繰り返すと、ユーザーストリームが使用できなくなることがあります。

プライバシーについて(2013/4/3より変更)

ソフトウェアの仕様上(Firefoxアドオンの都合上でもありますが)、全ての通信はTwitterの認証コード生成のため、一旦、当サイト(Amazon EC2上)を経由(HTTPS利用)します。
その際、当サイト側ではツイート内容等の保有は一切行いませんが、それを信用できない方は使用をお控えください。

ダウンロード

Twit Side 0.6.1

コメントを残す