メニュー 閉じる

Twit Side 0.5.1リリース

こんばんは!
tukapiyoです。

今回から、ページのタイトルを変えることにしました。
もう開発進捗という感じでは無く、普通にリリースしているためですw
あと、アドオンの名称を正式な表記に変更しました。
カテゴリもTwit Sideを新たに用意しました。

それでは早速、Twit Side 0.5.1 を公開します。

今回は、デザインの修正、機能の修正、追加を行いました。

出来ないこと

  • エラー表示が適当です。
  • 日付は絶対表示のみです。
  • 画像を含む投稿は出来ません。

修正したバグ

  • 特になし。

未修正のバグ

  • GIF画像が縮小されない。
    • 原因調査中。
  • バグでは無いですが、LinuxでClassic_Blackテーマを使用すると、一部見づらい部分がある(Defaultテーマをご利用ください)。

追加機能・調整

  • デザインをグラデーションを含めて、少しリッチに修正。
    • 色の修正を行いました。
    • 自分に関係するツイートは、背景が縞模様となるようにしました。
    • お気に入りに追加したツイートは、右端が黄色になります。
  • お気に入りの追加削除の機能を実装。
  • 全員に返信機能を実装。
    • 自身のスクリーンネームが含まれる場合、それも返信対象となってしまいます。ご注意ください。
    • 返信する前に手動で消してください。
    • こちらは次回以降の改善対象とします。
  • プロフィール画面でお気に入りを表示できるように修正。

ユーザーストリーム使用時の注意

  • ユーザーストリーム使用中はタイムラインの更新ボタンは無効となります。
  • 通信が不安定な場合、ストリームAPIが使用できなくなることがあります。
    その場合は、設定画面よりストリームAPIを無効にして下さい。
  • ユーザーストリーム有効時に、タイムラインの更新ボタンが有効となっている場合は、ストリームが切断されている状態です。
    通常、自動的に再接続を行いますので、数十秒から数分お待ち下さい。
    待ちきれない場合、タイムラインの更新ボタンをクリックすると、再度ストリームに接続しにいきます。
    頻繁に再接続を繰り返すと、ユーザーストリームが使用できなくなることがあります。
  • ユーザーストリームが全く使用できなくなってしまった場合は、認証をやり直すことで解決することがあります。
    右上のプロフィール画像をクリックして、ログアウトしてから再度認証を行って下さい。

プライバシーについて

ソフトウェアの仕様上(Firefoxアドオンの都合上でもありますが)、全ての通信はTwitterの認証コード生成のため、一旦、当サイトを経由します。
その際、当サイト側ではツイート内容等の保有は一切行いませんが、それを信用できない方は使用をお控えください。
なお、通信は暗号化されません(今後暗号化予定?)。
今後、当サイトでは無く外部ホスティングを利用することも考えています(当分その予定はありませんが)。

ダウンロード

Twit Side 0.5.1(注意:Mozillaに登録していないため、自動更新は使えません。)

2 Comments

  1. nblw

    はじめまして
    Echofonが配布終了してから気に入った物が見つからずに困っていましたが、Twit Sideには期待しています。
    FireFoxはメニューをオフにして使うので、他の方も要望されていましたツールバーでのボタン装備は欲しいですね。
    また、サイドバーはブックマークを常時表示させる事が多いので、Echofonにもあったパネル表示やウインドウ表示なども選べると嬉しいです。
    要望ばかりで申し訳ありませんが、更に良い物ができると良いですね。

    • tukapiyo

      こんばんは。
      ご利用頂きありがとうございます!
      ご要望を実現できるか分かりませんが、これからも更新は行っていきますので、よろしくお願いします!

コメントを残す