自然科学研究機構に遊びに行ってきました

とある関係で、愛知県の岡崎にある自然科学研究機構に遊びに行ってきたので、レポートを。
今回行ったのは、自然科学研究機構の中でも生理学研究所というところで、脳などの研究をしているところです。

2011/11/5に、その生理学研究所の一般公開があり、展示を見たり体験をしたりしてきたので、軽く写真に撮った分だけご紹介します。

まず、脳の矯正能力がわかるダーツ

普通にダーツを投げるとまっすぐ真ん中の方へ飛びますね。
実際にダーツを投げてみて、ちゃんと真ん中に飛ぶかを確かめます。

その後、プリズムによって風景が左にずれて見えるめがねをかけます。
その状態でダーツを投げると、左に偏ってダーツが刺さります。
ですが、10回ほど投げているうちにダーツは真ん中の方へ刺さるようになります。

まためがねを外してダーツを投げると、今度は右に偏って刺さるようになります。

これは、めがねをかけた際に、「ダーツが左に寄るから右にずらす」という矯正を自動的に行うからなんです。
その矯正の状態でめがねを外すと、正常な視界に戻ったとしても、右にずれたままとなってしまうわけです。
勿論、しばらく投げているうちに、元に戻りますよ。

次は、人間の視覚をだます立体です。

まず1枚目の写真を見てみてください。

顔が飛び出ているように見えますよね?

では2枚目の写真を見てください。

2枚目はリンクにしてあります。こちら

 

 

 

そう、実は飛び出ているんでは無く、へこんでいるんですねぇ。
陰の具合が、うまく飛び出ているように錯覚させてしまっていたんですね。

次の写真を見てみてください。

おぉ、立体に見えますね!
奥行きがあるように見えます。

さて、これはどういう仕組みなのかというと。。。

こちらの画像を見てください。

こちら

さらに近づいて撮った写真がこちら

 

 

 

なるほど、実は前に飛び出していたんですか!

 

地元の中学生の研究発表もありました。
その中で、こんなものが。

「うどんの本場を岡崎に変えるための第一歩」

結論としては、無理だと言うことだそうですww

 

最後に研究施設の外観を紹介して終わります。

以上でした。

自然科学研究機構に遊びに行ってきました” に 2 件のコメント

コメントを残す

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る